姫うずらのうーちゃんが孵化しました

自作の孵化器で姫うずらの卵を温めること16日と半日。
姫うずらの孵化の第一号、姫うずらのうーちゃんが孵化しました!

卵にヒビが入る

卵を温めること16日と10時間、卵にひびが入っているのを発見しました。

雛が卵から出ようとしているところの動画を撮ってみました。

時折ピヨピヨと小さく鳴きます。

この2時間後。
割れ目が少し大きくなります。

それから2時間後、
割れ目がもう少し大きくなりますが、なかなか出てきません。

少しだけ手助けして、割れ目を広げてあげます。
すると少しして・・・。

姫うずらの雛がポコンと出てきました!

ヒナが卵から脱出!(お尻に殻付き)

ひびが入っているのに気づいてからヒナが卵から出てくるのに4時間くらいかかりました。

写真がなんかグロイですね!
なんとなくスーツケース殺人事件を思い起こします。

生まれたてで、卵の殻がお尻にくっついたままです。漫画みたいに頭に殻はくっつかないのかな?

もぞもぞ。

お尻に殻をつけたまま立ち上がる!

ゴジラに出てくる何かの怪獣の様ないでたちです。

お尻にくっついた殻から脱出!

ここでようやくお尻の殻から開放されました。

孵化器の中には綿を敷きつけてあって動きづらそうなので、自作の保育器へ移します。

色的に死体(死骸)のように見えるけど、生きてます!

隙間があるところが好きなようです。親鳥の羽の中に寄りそおうとしているとか何とか。保育箱の中に入れた布がちょっと固めだったので、このあと柔らかめの布に変えました。隙間ができるように、ごわごわっと敷きました。

一生懸命立とうとしている動画。

生まれたてのヒナを手に乗っける

保育箱に移して2,3時間してヒナの羽毛が少し乾いて多少歩けるようになったので手の上に乗っけてみます。

雛はすごく温かいです。熱玉みたいな感じです。

超かわいいです。かわいすぎです。
ピーピーピーピー、と小さく鳴いてとてもかわいいです。

ホットカーペットの上で撮影したかったのですが、ホットカーペットの上だとチョコマカと動き回るので撮影できませんでした・・・。

姫うずらのヒナのかわいさは次元が違う!

4月30日と言えど室内温度は20度ちょっとです。生まれたての雛は33~36度くらいは必要らしいです。あまり長時間保育箱の外に出すのはヒナの体に障るので、保育箱に戻します。

自作の保育箱

自作の保育箱といっても、単純に箱の下にホットカーペットを敷いて、箱の中に布やペットボトルのフタに水を入れたのを置いただけです。箱の上部に大きな穴を開けて、透明な下敷きでフタをします。これで箱の中の温度は34度くらいになります。

ここでペットボトルのフタにヒナが飛び込むという事態が発生!

ヒナは濡れると体力が奪われて死活問題にもつながるそうです。ペットボトルのフタにそのまま水を入れると、ヒナがフタの中に入って濡れてしまいます。そのためフタの中に小石を敷き詰めて、ヒナがフタの中に入っても濡れないように工夫します。

湿度を上げるために保育箱の中にも濡れタオルを入れていましたが必要ないとのことで取り除きました。細かいゴミクズのようなものは、すり潰したあわ玉です。(この後、あわ玉からうずら用のエサに取り替えました)

この写真を撮った後に、薄手の布を小さめに切って保育箱の中に隙間がたくさんできるようにしました。姫うずらのヒナは隙間が好きみたいで、ちょうどいい隙間がないとピーピー鳴きだします。

もう一度だけ外に出す

ヒナにホットカーペットの上を歩かせて写真を撮ろうとしましたが、やっぱりじっとしてくれません。

隙間を見つけて入り込もうとします。

カメラを構えるも、ちょこちょこ逃げ回るのでうまく撮れません・・。
あきらめて手のひら写真になりましたー。

超絶かわいいです・・・。

不安みたいでピーピー泣いちゃっています。
この時点ではどうしようもないのですが、この一日後、仲間ができるのです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。