姫うずらが孵化して育てて産んだ卵が、孵化しました!

タイトルが意味不明になっていますが、説明すると・・。

姫うずらの卵を買って自作の孵化器で温める → 2羽孵化する → 育てる → 卵を産む → 自作の孵化器で温める → 孵化する!(今ココです)

卵を温めること18日

卵に亀裂を発見、そして少し助力(殻をちょっとむいてあげます

くちばしがピコピコ動いています!

それからしばらくして。。

孵化の瞬間です!

うーちゃんとずーちゃん(親)が孵ったときよりも、羽毛が少なくちょっぴり弱弱しく見えるので生きていけるか心配です。

ちなみに、名前はらーちゃんです。

姫うずらの親との対面

卵からかえってしばらくして親と対面させてみました!

うーちゃん(メス)は、コレなんだろ?みたいな感じです。

この後、ずーちゃん(オス)にみせたところ、敵だ!突っつき殺せ!みたいな反応で襲いかかって来ました・・。

こんな子に育てた覚えはないのに・・。普段は、うーちゃんの従者のごとく振舞っているのに、ヒナには超凶暴です。

自作の保育器に入れる

夏だといっても、なんか最近寒いし、ヒナの間(1,2週間)は35度くらいは必要っぽいので、自作の保育器に入れています(下にホットカーペットを敷いてます)。

孵化して2日後のらーちゃん。

羽毛も増えて、ヒナっぽくなってくれました。ただ、らーちゃん、足がおかしいんです。片足がペローシスとかいうやつで、うまく立てません。

床を這いずり回っています。うーちゃんとずーちゃんのときは、孵ってから1日くらいで勝手に歩くようになっていたのですが、らーちゃんが・・。

テーピングをすると直るようになることがあるとか、テーピングをするとストレスで死んじゃうとか、床を這いずり回っていても普通に生きていくとか何とか。。

うーん、どうしようかと考え中です。

まだまだ孵化が続くよ

らーちゃんが孵化してから1日後、

らー(2号)が孵化しました!

らー(1号)のときは、亀裂が見つかってから1日くらいしてようやく孵化しましたが、らー(2号)は速かったです。亀裂が見つかってから、あれよあれよという間に出てきちゃいました。

らー(2号)はピーピーピーと元気一杯です。

見ればわかると思うのですが、孵化器に卵がたくさんあるんですよ・・・。

うーちゃんが毎日ポコポコ卵を産んで、卵を食べるなんて可愛そうだ、うーちゃんが泣いている!とかわけわからん人間が登場した結果、孵化器に大量の卵が・・。

さすがに、今は孵化器に卵を追加投入していませんが、どうなるんだろう?

自作の孵化器の孵化率は3割くらいだと思っていたのですが、10割なんです。ずーちゃん(オス)が優秀です。

らー(2号)も自作の保育器に投下します。

孵化3号

卵に1,2,3と産んだ順に数字を振っていて、1が孵った後に、3が孵りました。

2が亀裂が入ったまま、出てきてくれません。

この調子だと中で死んでしまう気がしたので、
殻をぺりぺりむいてあげることにしました。

そんなこんなで出てきたのが、らー(3号)

恐竜の子供です!といっても通用しそうな風貌をしています。

孵化したらー1号、2号、3号の仲良し連隊

孵化した3羽でうにょうにょしていたり、バラバラになってへばっていたりと自由気ままに保育器ですごしています。

みんなうーちゃん(メス)似です! 願わくば、全員メスで卵になってくれることを! (今年の七夕にこの願いを捧げます!


2 thoughts on “姫うずらが孵化して育てて産んだ卵が、孵化しました!”

  1. にふむへぬちひふにひしへひゆれりりまれりゆみはふちほぬへのぬぬへたひふへひむためひむにめひにめふむにへちぬふほふしぬほちしぬちぬしねかたぬねきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。